HOME > MESSAGE

建築設計者の選定のための重視事項は
企画・コンサルティング能力とコストコントロール能力。

建築士事務所に求められる具体的なニーズは、領域を拡げてかつ高度化しています、発注者が設計事務所の選択において、重視する事の順位は「企画・コンサルティング能力」「発注実績・取引関係」「建設費や維持管理費を低減する提案」と次に「設計能力」となり、最終契約段階では」「建設費や維持管理費を低減する提案」を最も重視され、さらに「設計費のコストダウン」「アフターサービス」などのより具体な事が挙げられるようです。
私どもは経験だけに頼らず、絶えず新しく正確な情報と十分な確認、裏付けに勤めて設計業務を進めています、ストックした情報に頼ることなく、絶えず情報の更新ともう一度流れを冷静に把握し、十分に思考する、発注者の具体的なニーズへの対応には必要なこと考えております。

設計監理に対する想い。

建築は求められる空間、機能の実現と、生身の人間の多様な要求に失敗なく対応するとってもクールな仕掛けです、限られた広さに要求をいかに入れ込み、余裕さえ感じさせる空間をいかにつくるか、その裏には緻密な思考とディティールが存在するが、快適さと便利さで、それには気がつかない。そういうことが優れた建築空間だと思います。洗練された緊張感のある空間、こころ休まる空間、便利な空間、快適な設備、生活の場の空間、これらを得るための適切なコスト、これらがストレスなく存在できるために設計の経験・技術・情報の集積・的確な提案と打合せが大切だと考えます。設計段階では、十分にプラン説明・検討・納得のために十分に時間を掛けること、依頼主に分かり安い様に模型・スケッチ・類似の見学などでシミュレーションして承認して頂く事が大切だと考えます。監理では適切なコスト管理、VEの提案、施工者の選定、計画内容の適切な伝達と管理により設計に忠実に施工します。設計時点十分検討重ね、作りながら決めていく部分は極力無くすことが重要だと考えます。



設計業務組織に対する想い。

設計業務は高度化、複雑化しています、周辺情報、業務の情報、進捗状況は可視化して、所内にて打ち合わせで十分出し合い議論を重ねながら進めます。当事務所では、朝礼終礼を必ずしも毎日行うはことはありませんが、全スタッフが毎日必ず業務時間報告、業務内容報告をコンピュータ入力と手書きの二種類で残します、マネージメントとして、いくつか同時進行しているプロジェクトを効率よく作業分担し、またチェック機能を欠落させないこと、作業コストや進行スピードの把握に役立たせます、業務推進には組織力と効率化が大切だと考えています、また外部専門家として構造設計、設備設計は勿論、会計士、不動産コンサルティング技能者との共同業務推進と、またゼネコン・素材メーカーさんと当事務所各スタッフとの連携体制も重要な組織力のファクターであると心得ております。

代表取締役 岸川 悟